検査のご案内

胃内視鏡検査(経口・経鼻による胃カメラ)

  • 経鼻胃カメラ
  • 経鼻胃カメラ

当院での胃内視鏡検査は、口からスコープを挿入する方法、鼻からスコープを挿入する方法のどちらでも、患者様の希望する方法で検査を行っております。

口から内視鏡検査を行う場合、喉の嘔吐反射によって苦しく感じる方も多いですが、鼻から行う場合、その嘔吐反射がほとんど無く検査を行うことが出来ます。

どちらの検査も所要時間は問診や前処置を含めて30~40分程です。

当院での経鼻内視鏡検査の進め方

  • 鼻の中の出血をしにくくし、鼻の通りをよくする為、鼻の中に局所血管収縮剤(プリビナ液)をスプレーします。

  • 胃の中をきれいにし、観察しやすくする為、消泡液(コップ1杯程度)を飲んでいただきます。

  • 鼻の中に局所麻酔薬(キシロカインビスカス)を注入します。(注射ではなく直接鼻の中にお薬を入れます)

  • 局所麻酔薬(キシロカインゼリーおよびキシロカインスプレー)を塗ったスティックを鼻の中に挿入します。麻酔をより確実にする為と、スコープが鼻の中を通った時に痛くないか確認する為に行います。

  • 鼻からスコープを挿入し検査を行います。

胃内視鏡検査について患者様より多く頂く質問をQ&A形式にまとめました。
ご参考にしてください。

平成28年度当院実績
経口内視鏡検査 118件、経鼻内視鏡検査 342件、 合計 460件
平成27年度当院実績
経口内視鏡検査 122件、経鼻内視鏡検査 345件、 合計 467件
平成26年度当院実績
経口内視鏡検査 112件、経鼻内視鏡検査 327件、 合計 439件
平成25年度当院実績
経口内視鏡検査 111件、経鼻内視鏡検査 354件、 合計 465件
平成24年度当院実績
経口内視鏡検査 128件、経鼻内視鏡検査 295件、 合計 423件
平成23年度当院実績
経口内視鏡検査 80件、経鼻内視鏡検査 224件、 合計 304件
平成22年度当院実績
経口内視鏡検査 170件、経鼻内視鏡検査 240件、 合計 410件

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

検査の当日、腸の中をきれいにする為、2時間かけて腸管洗浄薬を2リットル程度飲んでいただきます。当院では、患者様が他の人の目を気にせずリラックスして検査を受けていただく為、専用の控え室(個室・専用トイレ有)をご用意いたしております。
検査は日本消化器内視鏡学会専門医が行います。

平成28年度当院実績
大腸内視鏡検査 49件
平成27年度当院実績
大腸内視鏡検査 47件
平成26年度当院実績
大腸内視鏡検査 60件
平成25年度当院実績
大腸内視鏡検査 59件
平成24年度当院実績
大腸内視鏡検査 56件
平成23年度当院実績
大腸内視鏡検査 47件
平成22年度当院実績
大腸内視鏡検査 53件

超音波検査

超音波検査

心臓、腹部、前立腺、頚部・甲状腺、体表等の各種超音波検査を行っております。

平成28年度当院実績
心臓 56件、腹部 171件、体表 46件
平成27年度当院実績
心臓 58件、腹部 152件、体表 52件
平成26年度当院実績
心臓 66件、腹部 126件、体表 49件
平成25年度当院実績
心臓 65件、腹部 146件、体表 34件
平成24年度当院実績
心臓 55件、腹部 152件、体表 21件
平成23年度当院実績
心臓 59件、腹部 122件、体表 17件
平成22年度当院実績
心臓 67件、腹部 106件、体表 23件

レントゲン検査

レントゲン検査

当院ではCRシステムを導入しております。従来のレントゲン検査では、X線で体の部位を撮影した後、フィルムに現像して診断をしており大変手間がかかる作業でしたが、CRシステムでは撮影した画像をコンピューターでデジタル処理し、診察室の高解像度モニターでリアルタイムに診断することが出来ます。撮影した画像は当院のサーバーにて管理され、時系列での表示や、特に注意が必要な撮影部位では緻密な拡大表示が出来るなど、より正確な診断を行うことが出来ます。
また他院への紹介などレントゲンの画像が必要な場合は、CD-Rに画像を記録しお渡ししております。

胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査、超音波検査、レントゲン検査の画像は当院サーバーで一元管理し、診察室のモニターで閲覧出来ます。

医院情報

診療時間

平日 午前 9:00~12:00
  午後 3:00~6:00
土曜日 午前 9:00~12:00
診療時間カレンダー

休診日:土曜日午後、日曜日、祝日

診療科目

内科・小児科

アクセス

アクセスマップはこちら

駐車場20台